#

#

 POPOでは、本来の育児のあるべき姿を真摯に考え、心ある保育を追求していきたいと思っております。弊社はベビーシッターの会社が母体となっておりますので、お子様お一人おひとりと大切にかかわっていきたいという思いが私たちの保育の基本です。「0~3歳までの育ちが一生の人格の基礎になる」と言われている大切な時期に、かかわり方が成長に大きく影響致します。ひとつでも多くの言葉かけはもちろん、どれだけかかわってあげられるかを絶えず考えながらお子さまの育ちをご家族の皆様とともに見守っていけるような保育園を目指しております。

#

企業理念 『生んでも安心』の社会環境づくり
保育理念 安全と安心を追求し、良心に満足いく保育
保育目標 心身ともに健康で元気な子どもに育てる年齢に即し、安定、充実した生活、活動が出来る子を育てる

#

子どもの成長・個性に寄り添った保育。子どもの目線に立ち、子どもの思いを受け止め、子どもの言葉に耳を傾ける。一人ひとりの子どもを大切にし、「愛されている」「大切にされている」思いを育む。お友達の思いや痛みに子ども達が自分で気づくことが出来るように見守る。丁寧な保育を通し生活習慣の自立を図る。

0歳児 一人ひとりの思いに寄り添いながら信頼関係を育み情緒豊かな保育

調乳・授乳・離乳食介助・おむつ交換・外気浴・赤ちゃん体操など

  • 十分なスキンシップ、言葉かけなどによる環境への興味、情緒の発達、言葉の発達を促す。
  • 体を動かすことによる、腕・足・腰の筋肉の発達を促す。
  • 生活リズムの確立。

1歳児 安全で安心できる環境の中で、探究心を持って楽しく遊べる保育

食事・おやつの介助・おむつ交換・遊び・散歩など

  • タイミングの良い応対を心がけ、言語能力の発達を促す。
  • 歌・絵本・遊びで、情緒・感情の発達の基礎を促す。
  • 探索行動の援助をし、知的能力を育む。
  • 歩行の完成へ

2歳児 自分で出来ることを増やしながら、自信を持ち、お友達と関わりを持って遊べる保育

食事・おやつの介助・おむつ交換・排泄援助・遊びなど

  • 友達とのふれあいを大切にし、一緒に遊ぶことへの興味、思いやりの気持ちの基礎を育む。
  • 「自分でやりたい」という気持ちを尊重し、自主性・自発性を育む→身辺自立確率を促す。
  • 「なぜ」「どうして」という気持ちに丁寧に答えることで、知識欲、好奇心の芽を育む。
  • 様々な体験(カリキュラム)の中で、善悪や約束などの社会性を育む。
  • 個々の状況に合わせたトイレトレーニングを開始し、排泄方法を身につける。
上にもどる

#

園全体をひとつのクラスと捉え、一人ひとりの子どもの状況などについて共通理解をする。 職員間の連携を密にし、チームワークを組んで保育に取り組む。 一人ひとりの発達や興味にあった遊びが豊かに展開できるよう保育環境の整備。

#

危機的状況が発生した場合には、園児、職員の生命の保全を図るとともに、園児を確実に保護者に引き渡すことを目的とする。
全職員が救命講習を受講することで、的確に対応できるようにする。
  セコム導入によりセキリュリティー強化。
避難訓練:非常災害対策訓練年間計画表に沿って実施(毎月)
  不審者対応訓練:不審者対応マニュアルに基づいた訓練を実施(年1回)

上にもどる

#

アットホーム

保護者と保育士との距離も近く、連携して子育て。
保護者との時間も大切に考えていますので、園での様子を細かくお知らせ。
保育士全員での保育から、どの保育士からもでも子供の様子を聞くことが出来る。

#

病気が流行りにくい

人数が少ないという事は感染症リスクも少ない。
当園ではR-1を提供し、美味しく免疫力UP。

#

子・親・保育士で楽しむ行事

行事は保護者参加自由で大勢に見せる為のものではなく、子どもの成長を感じて頂きながら、みんなで楽しんで頂けるような行事
4月入学お祝い会、5月子どもの日お祝い会、6月虫歯予防、保育士体験 7月プール開き、七夕会  8月夏祭り、9月クッキング体験、親子遠足 10月ハロウィン、保育士体験 12月クリスマス、 1月お正月遊び 2月豆まき会 3月ひな祭り会、卒園お別れ会

定例行事(お誕生日・保育参観)等、季節に合わせた行事を子供たちの月齢に合わせて全員で参加し楽しめるものを行う。

#

給食

栄養士指導の下で、専門の職員が園の調理室で調理して、いつも出来立てを提供。
地産地消を取り入れながら、季節感を感じるような献立。
0歳児には月齢に合った離乳食、アレルギー食も対応。
楽しく食べる体験を通して子どもの食への関心を育む。
手作りおやつの提供。
R-1を提供し、美味しく免疫力UP

#

園庭のかわり

園内だけでは味わえない経験をする機会を設け、自然や生き物などに触れ合うことによって子どもの興味を引き出します。0歳児や1歳児でもカートに乗って近くの公園で季節を感じながら様々な刺激を取り入れるお散歩保育。園外保育で起こりうるトラブルを想定しての対応策を考え、細かいタイムスケジュールを組んで事前準備。体力作りはもちろん、集団行動の意識が身についたり注意力が養われます。

上にもどる